2020年11月29日日曜日

また変則日程です

本日29日、20時~23時までオークションを開催いたします。
以前の通常オークションと日程が異なりますのでご注意ください。サボテンもございます。
よろしくお願いいたします。
 
青磁牡丹モンストローサの疣が等高線みたい。

 

2020年11月28日土曜日

今年も青々

ここだけ青々。どうなっているんでしょう。
昨年、カクチぺスの一群だけがなぜか葉を茂らせたまま春になっていましたが、今年も落葉の気配がありません。

2020年11月27日金曜日

棚下にしばらく

ダンボールに小分け。疣銀冠。
温室の、高温になる辺りの棚下に接いだサボテンをしばらく置いてあります。 
落ち着いたころに植えて棚に並べています。
 
今、鉢に植えてしまってもいいのですが、棚下に押し込むにはかさばるので用土なしでダンボールに立ててあります。
ちょうどいいところを探してうろうろするには鉢と用土がない方が楽です。

2020年11月26日木曜日

強い

上が平ら。
過去にばっさり胴を切られてしまったのであろうホロンベンセです。
生き残って、切り口脇から新たに5本枝が生えたのでしょう。(1本折れてしまっていますが。おしい。)
断面もすっかり外皮の色に覆われています。 
横。この位置が平らだと、元の姿から大部分が切られてしまったでしょうに。


2020年11月25日水曜日

接ぎの季節

11月・12月は植替えをしない期間です。1月になれば温度の安定した温室から植替えを始めてしまいます。
 
比較的余裕のある植替えができない期間のうちに、サボテンを継いだり種を播いたりするのが定番スケジュールになってきました。両方とも作業に向いている季節ということではなく、まぁ11月・12月でもどうにかなるからいいか、という方向でこの時期になっています。

ということで、最初は黒王丸などコピアポアです。
疣銀冠を接いでも袖ケ浦が残っていれば黒士冠も接ぐ予定です。
3~4年経つとこんな感じに。台付きのままです。

 

2020年11月23日月曜日

大きくなっています

綴化は動き出すとムクムク大きくなります。

秋から冬になるまで、サボテンはかなり大きくなります。
 
夏まであまり動きのなかった菊水綴化のカキ仔実根が急に詰まってきました。
3月4日記事の頃と比べると鉢の隙間がぐんと減っています。
親株と雰囲気が似ないようです。

2020年11月22日日曜日

だんだん元気に

こんなタイプセンナはのんびりしていました。背が高い若そうな株はもう青々しています。
9月下旬に植えたセンナ、背が低く枝の詰まった長生きしていそうな株も葉が動き始めました。
はじめのうちは本当に枯れ木っぽい雰囲気を醸し出している株が多いので、やっと安心できます。センナは葉が出てくると滅多なことでは脱落しないように思います。
9月下旬に植えた分に葉が出てきたので、この前来た分となんとなく色の差が。