2020年1月26日日曜日

似たような咲き具合


エビス笑と実生エビス笑いの蕾・花具合がちょうど同じくらいでしょうか。
すごく咲いているわけではないけれども蕾が増えています。

2020年1月25日土曜日

小さくてもラメナ

ユーフォルビアsp.ラメナ、2年目くらいの実生に花が付きました。
赤いふわふわがそれっぽいです。

2020年1月24日金曜日

花が楽しみです

葉が増えてきました。
5年以上前に一度だけ扱っている記録があるものの誰も記憶がないウンカリナ・ステルリフェラ。
花がピンクだそうです。
しばらくグランディディエリしか見ていないので楽しみです。

ちなみに同時期にあったはずのランドリ、ロゼオエスリアナも良く覚えていません。
温室で巨大化しているグランディディエリと同じ年の輸入でした。今頃お客様のお家で巨大化しているのでしょうか。

2020年1月23日木曜日

てっぺん

白花エビス笑系の実生頂上でなわばりを主張するかまきり(小)。
時々威嚇されます。

2020年1月22日水曜日

蒔けば育つ

そんな手間でもないのですけれど。
蒔かない種は育たないのはわかっていても、ここ2年ほどサボテンの種まきが滞りがちです。
足りなくなっていて9月にどうにか蒔いた花園兜とホルスティが粛々と育っています。

2020年1月21日火曜日

春になる前に

台風で滝ができてたあたり。
使うのは4月ですが、パキポディウム実生温室のパンクに伴い、実生用の屋外棚を増設することにしました。
移動先の温室横に作っています。今までの棚を使うには遠すぎるのです。

2020年1月20日月曜日

楽になるといいです

湿度を保つために、温室の地面は土のままにしてあります。
温室の棟数が増えたこともあり、草取りだけでも相当な手間がかかるようになりました。試しに棚の下と通路の一部に防草シートを張ってみます。
中央の通路は、全体に張ってしまうと夏場の乾燥を抑えきれないと予想し、水を撒いて加湿するために土のまま残しました。
よく歩くところはあまり草が生えないことも一因です。