2019年2月17日日曜日

2014年播種エブレネウム交配

手のひらが隠れるくらい。もう5年かまだ5年か。
2014年播種のエブレネウム(たぶん交配)、パキポディウムを播きはじめた最初の年の分です。
わずかにしか残っておりません。花粉を付けることができなかった頃の分なので、虫だよりの受粉でした。姿を見るに、エブレネウムは交配種が含まれています。
一番か二番目に大きかった株を取ってありましたが、とても大きくなっています。飛び苗じゃないかと思います。

2019年2月16日土曜日

キフォステンマのうろ

水をやっていたら、キフォステンマ・サカラベンシスに開いたウロからあまがえるが出てきました。
確認しに近寄ったら奥まで引っ込みました。
思ったより深く穴が開いています。

皮がむける頃になると真っ白になるサカラベンシスですが、むけるまでの間は緑っぽいです。
違う状態の株が並んでいると色の差が良くわかります。

2019年2月15日金曜日

エブレネウムも


エブレネウムも咲き始めました。
背景の黄色っぽいのは先行して咲いているエビス笑です。

2019年2月14日木曜日

季節です

白花エビス笑です。
花粉の季節になりました。
夏半ばまで続きます。

2019年2月13日水曜日

明るい灰色

白っぽくなるかえる。
温室に茶色迷彩は良くいますが、グレー迷彩との遭遇は初めてな気がします。
用土ではなく、砂の上にいたようです。

2019年2月12日火曜日

赤いです

キフォステンマsp.パキプスの花が今年も咲きました。
渋い外見の本体と葉ですが、花は華やかです。