2018年10月23日火曜日

進む落葉

落葉がどんどん進みます。
パキポディオイデスの実生も葉がすっきりして本体が見えてきました。
少し大きくなっています。
オークションの植物もずいぶん葉が落ちて様子が変わっている株がございます。季節です。

新しい温室の棚作りも進んでいるそうですが、見に行く隙がありません。
敷地内なのに。
5分で帰ってこられる気がしません。


2018年10月21日日曜日

11月のお客様デー

寒くなってまいりましたがご来園のお問い合わせをたくさんいただいております。まことにありがとうございます。
次回のお客様デーは11月18日に開催いたします。
この日はご連絡をいただかなくてけっこうです、ご自由にハウス内をご覧ください。
晴れても夏季ほど身の危険を感じる温度にはなりませんので、ゆっくり植物を見られます。
ご興味のある方はよろしくお願いいたします。
コレクション温室に、屋外から大きいマカイエンセやイノピナーツムが戻ってきてぎっしりです。


2018年10月20日土曜日

エレファントリザsp.

左が新しいエレファントリザsp.。右が何度か来たエレファントリザsp.サウザンマダガスカル。
エレファントリザsp.の新しい種類が春に届きました。
数本だけだったうえ、状態があまりよくなかったので元気になるまで待っていましたが、すっかり元気になったようです。

今まで来ていたエレファントリザsp.(サウザンマダガスカル)が、こげ茶色の肌なのに対し、オレンジっぽい肌をしています。形も縦長な丸形ではなく、球からやや横長につぶした丸が多かったです。大型のものはあまり植物に見えない質感と形をしていました。
サウザンマダガスカルより葉が大きいです。

2018年10月18日木曜日

8棟目温室完成!

完成!
無感動に転がるホース。
8棟目の温室が完成していました。昨日の夕方できあがったようです。
番号を振り替えて、新7号温室です。
内張りビニールをまくり上げて、すかさず植物を運び込みます。
籠に入れて待ち構えていたので、棚を作る前からどんどん入れます。
そうなると、水やりホースもすぐに引くことになるので、テンションの上がる隙がありません。
今回は淡々と事が運びました。仕方がありません。












2018年10月17日水曜日

輸入球置場も撤収準備

元気いっぱい。
屋根付きの屋外置場も撤収準備を始めました。
キフォステンマとかアデニアとかジゴシキオスとかその他ウリ科とか、ツルが出るもの、けっこうありますね。
さらにユーフォルビアのサカラベンシス・ペディラントイデス・ベハレンシスあたりが混ざると収拾がつかなくなります。
一心不乱にツルと枝を切ってトップジン塗って、根を掘り出して切ってゲッター叩いてとひたすら繰り返しました。
あと2~3日かかります。
もう一か所屋外置場が増えています。今年。
さっぱり。

2018年10月16日火曜日

出たかも…?

よりにもよって、あやしいあたりがすでに落葉後。
一部綴化しているように見えるのですが、どうでしょうか…?
群生置場は葉やら本体やらがわさわさし過ぎて、春以降まったく様子を見ていませんでした。もう葉が落ちてしまっていて分かり辛いです。
春になればまた少し動いているでしょうし、経過に期待です。

綴化じゃなくても、おもしろい形していますしね!

2018年10月15日月曜日

今日は群生

カキ仔にしても丸くなりそう。
今日はグラキリスの群生をカゴに詰めました。
コンパクトな群生も恰好よくなってきました。
大型の群生とはまた違ったおもむきがあります。

できれば群生だけでも植替えたかったけれど、面積を増やすわけにはいかない雰囲気です。