2021年11月28日日曜日

初霜柱です

今朝は草にも霜が降りました。
先日初霜が降りた辺りは霜柱が立ちました。
 
温室開閉巡回が落ち着いた(閉めっぱなしでも50℃になる危険が無くなったため)と思ったら温室加温巡回が始まりました。
大急ぎでも10分以上かかるのですよね。

2021年11月27日土曜日

棚下に

あちこちに新しい温度計を置きました。
棚上は高温になるので壊れるかとデジタル温度計を使っていなかったのですが、最近のはコード付きの端子が付いていました。
本体を棚下に置いてコード付きの方を棚の上に置けば問題ないようです。

2021年11月26日金曜日

つるっとしてきました

5年経ち、本体のトゲが減ってきました。
枝のトゲがまだいっぱいありますが、現地球に混ぜてもそろそろ目立たないのではないかと……

2021年11月25日木曜日

初霜です

畑の土の上だけでしたが、霜が降りました。 
 
天気予報を見て最低気温が4℃以下なら温室の夜間加温をします。
屋外の一番寒い辺りに置いた温度計が1℃を切っていました。温室内は加温しない場合は外気温プラス5℃程度です。
今朝にかけて加温を始めたので朝の温室は16℃前後です。
天気予報を見たかぎりでは、今日から毎日加温が必要になりそうです。

2021年11月23日火曜日

からまってます

コミフォラ・シンプリキフォリアにからまったウリ科のツルを撤去中です。

2021年11月22日月曜日

ツノが残ります

落葉後のパキポディオイデス。
やはり次の芽がツノのように出ています。
すっきり何もない丸にはならないようです。
輸入球も実生もそんな様子です。

温室にあるせいでしょうか?
輸入時には何も出ていない状態なので、全部落ちる時期があるのだと思うのですが……
何も無い時期があるはずと言えば、ユーフォルビア・ベハレンシスは、輸入時に葉が無い姿なのに通年で葉があります。冬季に落葉ではなく、水切れで落葉でしょうか?

2021年11月21日日曜日

たくさんとれます

ひとつかみ分はあっという間です。
11月12月は植替えをしないので、今のうちにあちこちの花ガラや枯れたツルなどを取り除いています。
ハオルチアの枯れた花柄も大きめの注連飾り作れそうなくらいとれます。