2024年2月23日金曜日

今日も寒いです

数日経ち、波打ってきました。
今日はさらに外気温が下がり2~3℃です。
ひさしぶりに夜間の加温をして、朝方温室の温度が昨日の日中と同じ程度でした。

温度が低い日は土作りに最適です。温まります。
土を作って帰ります。
明日からがんばります。

2024年2月22日木曜日

寒いです

暖かすぎる日々に慣れて、2月らしい気温が戻ってくると寒いです。
 
外気温が5〜6℃で天気が悪い日続きで二日目だと温室の中は13℃ほどです。寒いです。

明日も寒いらしいので植替えに不向きだということにして早く帰りました。
寒いし晴れてから働こうと思います。

2024年2月20日火曜日

23℃でした

外気温が23℃まで上がりました。
温室内は曇ったままなら外気温が高くてもそんなに上がりません。が、くもり予報が出ていながらちょこちょこと太陽が顔をのぞかせていたので、戸とビニールを現在開けられるだけ開けて様子を見ていました。

一瞬、いも虫かと。

カプトメデューサのアレオーレの綴化が通るたびに気になります。
最近もこもこしてきたので蕾が並んでいるようです。

2024年2月19日月曜日

ラメリーの根元の


ラメリーをしばらく植替えていなかったのと雑草が増えてきたのとで植替えました。


数年前から生えていて気になっていたユーフォルビア(たぶんサカラベンシス?)をやっと掘り出せました。

2024年2月18日日曜日

積みにくい晃山

2019年播種晃山を植替えます。
かさばって積み上げにくいので少しバラしては植えています。
斑入り狙いでまいた種なので、大疣が無いです。

2024年2月17日土曜日

一重剝がしました

出入り口がすっきり。
温室出入り口前に冬場だけ張ってあるビニールを剥がしました。
 
剥がさないと開けられない戸があること、戸を開けてもビニールで角がふさがって完全に開かないため温度が抜けきらないことなど、とにかく温度が上がりやすくなったことの対策です。
風でふさがりやすいのも怖いです。

2月下旬前に剥がすことになるとは思いませんでした。
もしかしたら内張ビニールも2月中に固定で上げないといけないかもしれません。

2024年2月16日金曜日

もうすぐとれます

秋から冬にかけて受粉させていた牡丹の種がもうじき回収できます。
 
開花の早い亀甲ヒントニーはとれはじめました。 
大型のシワ玉牡丹やモンストローサは実が見えてきたところです。